What About DJ Lesson - vol.7 -

IMG_5241
DJ未経験・Risaさんのレッスン内容と成長過程をレポートしていく企画【 What About DJ Lesson 】
ーーーーーーーーー
♪レッスン第6回目
ーーーーーーーーー
まずはウォーミングアップを兼ねた復習から。
動作に慣れてきた右手は、インターバルの短いベイビースクラッチ(クロスフェーダーを伴う)で形と音が正確に表現できる事を確認しながら、
どんどんテンポを上げます。
このように基礎トレーニングでは、苦手な速さがないように、少しずつテンポを上げて練習を重ねていきます。

Risaさんは今回のレッスンで、ベイビースクラッチはかなり完成されてきました。
同時にクロスフェーダーを扱う指の使い方も様になってきました。
ピンポイントで音をリリースしたりカットする為に、クロスフェーダーを扱うフォームは非常に重要です。
IMG_5244
さらに新たなステップにチャレンジ。
思い通りに音を再生し、ピンポイントに音を置きにいくフォワードスクラッチに進んでいきます。

バックワーズ(戻りの音)をカットする事はもちろん、キレイに音を再生する為のレコードのコントロール技術をより高める事が
目的となります。
CDJでいうところのスタートボタンを押して、元の音を瞬時に再生する事と同じです。
ターンテーブルではまずこの技術が確実に必要となります。

この課題の作業としては、1拍ずつのクロスフェーダーコントロールになるので、非常に忙しく難しさを感じます。
今まで同様に形や音をビートのない状態で、講師と共に確認しながら練習し、
ある程度できるようになってきたら遅いテンポからリズムに合わせた練習に移行します。
IMG_5247
さらに今回は動作に慣れていない左手にもチャレンジしていきます。
右手でやってきた課題を追いかけるように、同じ流れでトレーニングしていきます。
この基礎の技術は、DJミックスを行う上でも必要になる動きなので、慣れない手でも同じレベルで表現できるように
時間をかけてトレーニングしていきます。

リズム感があり、手先が器用な印象のあるRisaさんは、機材を触れば触る程に上達していくのが見て取れます。
一つ一つの課題を習得していくコツと、悪い形や癖の修正法をアドバイスされながら、
理にかなった練習ができれば自ずと上達が見込めます。


11月の体験レッスンもご予約の受付が始まりました。
(※土曜・日曜はご受講可能枠が残りわずかとなっておりますのでお早めに!)
まずは一度、体験レッスンに参加してみませんか?
ご友人やご家族との参加も可能です。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

体験レッスンの日程は
▶︎▶︎▶︎コチラ